ダイビングショップ潜水屋Ti-Da神戸三宮店

お問い合わせ

ABE WEEEEEEEEEEK2017!

なんかね、女性向きのコラムで、「男性をドキッとさせるパターン」みたいな記事があったんですけどね。

階段でスカートの裾が揺れてるとか、ノースリで電車の吊革につかまるとかね、汗ばんで下着がうっすら透けてるとかね。

何なの?お下品ですよ。ちゃんとせい!!ってなりますわ。別の方法でドキッとさせて!!こんにちは、西口悟史です。

 

今週はABEWEEKだい!

プロの水中カメラマン、阿部秀樹先生が直々に撮影方法のイロハやノウハウを暴露してくださるのだ。

こんな有難いことはないぜ。有難うございます。

そんでこの日はえらぶと参加だい!!

って思ったんだけど諸事情により開催できませんでした。がぁぁぁぁぁん。

でも、先生もいるし、日高でえらぶとマンツーマンカメラ潜水だ。

HIDAKAA (1) HIDAKAA (2)

ひたすらにただひたすらに、被写体と向き合う40分×2ダイブ。

こんなに練習できるチャンスもめったにないぜ。だって日高は先生と僕たちだけだからね。

ちょこっと質問したり、一緒に潜って撮影しているところを見学させてもらったりね。勉強になりました。

えらぶもええ写真撮るしな!ほんま。ダイビング技術なくして、いい写真はありえません。

エアーを残すこと、窒素の管理が出来る事、体を固定することなどなど。安全潜水無くして撮影はないんですわ。

HIDAKAA (4)

写真には正解はないからね、終わりもないんだね。果てしないわ。でも挑みがいがあるよね。

なんでこんなおもろいんやろか?カメラ持ってる人はバンバン練習しましょう。

持ってない人は相談してね。あなたにあった、楽しいカメラライフをお届け致しやす。

HIDAKAA (3)