Ti-Da ACTIVITY

Ti-Daの自己紹介

ダイビングショップTi-Daでは、ダイビングライセンス取得スクール、

ダイビングツアーの実施以外にも様々な活動を行っております。

その活動の一部をご紹介させていただきます。

Reef Check

海中という未知の世界にお邪魔する我々ダイバーだからこそできる自然保護。それがリーフチェックです。

リーフチェックとは、海洋生物学者を招いて毎年同じ場所・同じ時期に生息しているサンゴの数や様子・周辺の環境を

調査することによってサンゴの保護を促進してくという活動です。

徳島で行われているリーフチェックに毎年Ti-Daは参加させていただいています。

普段潜る海をまた違う面から見ることができるから、より海を愛し、海を大切にするダイバーになれるのです。

Triathlon

常に挑み続けろ!!それがTi-Daのモットーです。

その一環として、Ti-Daでは毎年7月に徳島で行われている、オリンピック選手も出場するような

大きな大会「日和佐トライアスロン」のオフィシャルレスキュー隊員としてスイマーたちの命を守っています。

また、選手としての参加にも挑戦しています!!

笑顔あり涙ありの、青春カムバックな暑い熱い時間です。

Course at college

兵庫県と滋賀県の某大学のライセンス講習を行っています。

毎年夏には一度に50名ほどの学生ダイバーがTi-Daの元、誕生しています。

ライセンスを取って終わりではなく、卒業しても一生の趣味として、「継続」を念頭においた講習を展開しています。

彼らにとって、この講習が将来の何か糧になってくれればと思うばかりです。

Volunteer inTohoku

東日本大震災をうけ、自分達にできることは何かを考え、我々は甚大な津波の被害をこうむった三陸海岸へ赴き水中の清掃をさせていただきました。

本当に微力かもしれませんが、少しでも何かの役に立てればと思いこういった活動もさせていただきました。復興を遂げるその日まで、Ti-Daは活動し続けます。

協力:三陸ボランティアダイバーズ

SUMMER NIGHT FASTIVAL

大阪や兵庫、京都の各府県のダイバー約100人が白良浜海水浴場を清掃するイベント「サマーナイトフェスティバル」

関西のダイビングショップ10店舗が協力して海に感謝をする。参加者から300円ずつ集め東日本大震災で被災した地域で

清掃活動を続けている「三陸ボランティアダイバーズ」に義捐金として送ってる。

AWARDING

BSACは1953年、イギリスのロンドンで誕生した世界最古の民間指導団体。

現在の総裁はウィリアム王子ということからも、そのステータスの高さがうかがい知れる。

その世界的に有名なBSACの総会が東京の駐日英国大使館で開催されるが、毎年Ti−Daは

「顧客に対して様々な経験と安全と感動を与えるダイブセンター」として表彰されている。

pagetop